読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛感情一考

高校を卒業するまで、私は恋愛感情を知っていた。誰かを好きだということは今のこの感情なのだと、はっきりと知っていた。だが今はどうだ、既知と無知を良し悪しで図るなら、間違いなく後退している。その知識(感情?)が失われている。

 

恋愛の一番楽しい時期だと思っているのは、私が意中の相手を振り向かせるに尽力している間である。私は誰かに好意を持たれたことはあるかもしれないが、実感として、つまり告白などされたことは殆どない。しかし、これまでに付き合ってきた人たちの人数はおそらく多いとおもう。それは詰り、好意を持たれない状態から、好意を持たせるためのアプローチは下手ではないということだろう。

 

そしていざ付き合ってみると、どうだろう。だんだんと好きがわからなくなってきてしまっていた。相手から好意を伝えられる度に私は苦しんでいたし、それを伝えるわけにもいかない。実感のないまま、相手に好意を伝えるしかなかった。それこそ、中身の持たない「好き」という言葉で。

 

誰かと一緒にいたいと思うことはあっても、それを交際という形で行わないほうがいいのかもしれない。綺麗な形に収まるほど、私の思考は清くない。

 

恋愛感情は考えてしまってはもうダメだ。助けたいと思えば、一緒にいたいと思えば、尽くしたいと思えば、それは恋愛だ。(らしい)

 

なら助けたいと思わず、一緒にいたいと思わず、尽くしたいと思わなければ恋愛感情でないのか。私がはっきりと恋愛感情を意識できるときは来るのだろうか。