読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上から下へ


私は足を空へ運んだ。身を空に委ねた。




耳障りな怒声が聞こえる。おれに対するものだ、無視した。

泣き声が聞こえた。おれが泣かせたのだ、深く哀しんだ。

笑い声が聞こえた。おれの外で起こったものだ、入れなかった。


おれは、この長いか短いかの人生の中で幾つ失敗をしたろうか。何人を泣かせてしまっただろう。何人を喜ばせられただろう。



空に身を委ね、大地に引っ張られ落ちてゆく。あと何秒私は生きられるか。




幸せな人生だった。おれは満足していた。与えられたもの以上を望み続けたが、今までのもので十分であった。

人間同士の理解ができないことへ絶望し、言葉で何も伝えられないことに失望し、愛をも儚いものだと知り、永遠がないことへの恐れを抱いた。




不思議なことにあれほど死にたいと願い、いざこうして身を投げると、生きていることが恋しくなるのだ…もう戻れないが。



自分が正しいと信じてやまなかった。誰に対しても、自分は正しいと思い続けた。自分は認められる存在だとされるべきだと思っていた。だが、現実は、今日ここ、もうすぐ、私である必要もない、「1人」が、その全てを失い、無を獲得する。




もうすこしで地上になる。長かった。落ち続ける時間もそうだが、ここに来るまでが長かった。




叱られることを恐れ続けた。嫌われることを恐れ続けた。自分を自分として残せなかった。理想的な子、理想的な友人、理想的な恋人でありたかった。欠陥だらけのおれは、このまま生きて関わり続ける勇気はなかった。この自分とも付き合っていけなかった。

だから落ちた。




人間の声が聞こえる。喚いているようだ。ああ、おれを見ているのか。悪いことは言わないから、さっさとこの場から去った方がいい。

おれが粉々に砕けたあと、世の人はどう思うかわかるか?「迷惑な奴だ」「仕事を増やすな」さ。人間の死なんてもうありふれていて、考え慣れているんだよ。いつも通りさ。



脳裏に両親が映る。最後までおれとは分かり合えなかったね、何一つわからずじまいだろう。

脳裏に男性が映る。おれは人間関係がへたくそだったみたい、自尊心を損なってしまってたらごめんね。これからはいい付き合いを願うよ。


脳裏に女性が映る。ごめんね、やっぱりおれは生きていられなかった。もうおれにはあなたしかいなかったのに、それすら投げ捨ててしまった。ごめんね。




おれは、そこで、意識が途切れる。