読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のあしあと

猫のあしあと講談社 町田康)という本を読んだ。著者のユーモアと、それに関わる猫たちの話に癒され、涙した。

不思議なもので、どれだけつらい現状で、自己責任というものに塗れていても、動物というのはなんだかいつでもこの悲しみを癒してくれるような気がする。

特に猫、いや私は猫を飼ったことがないけれど、猫にまつわる話はほとんど好きだ。あの飴と鞭を使い分けるかのような、甘えと無関心を使い分けるのはまさしく悪女である。

少し楽になれた。よかった。