読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況―好転

前回「辞書」というタイトルの内容を書いた。初志貫徹一気に1年間で終わらせるつもりだったが、そうもいかずに100ページをキリに一時中断している。スミマセン、自分への約束守りませんでした。

 

就活をはじめた。最初はどっかには引っかかるだろうくらいで高を括っていたが、現実の自分を突きつけられて本当に絶句した。ネットで仲良くなった人たちが私のことをどう肯定的に解釈してくれようと、一般に関わる人たちは私に対して絶対に反感を持つという現実。

「そんな人と関わらなねえよ~」と楽観していたが、遭遇率99%である。中小企業に入ったなら1人もいない可能性のほうが高い。じゃあそういう人たちに当たり障りのない、もしくは気に入られる自分を作る必要がある。これが当面の目標になった。

文字で書けばあっという間だが、めちゃめちゃ辛かったです。今まで自分がパスしてきた課題を一気に全部突きつけられました。でも借金みたいなものなので、これを返済しなければ人間として生きられねえな、と思います。それを見ぬまま頭で乗り切れる人もいるかもしれないとは思いましたが、私は馬鹿なようで頭のみでは駄目みたいです。

 

もともと文章を書くことは苦手ではありませんが、ビジネス上での文章はこれらとまったく別物だなと知りました。いくら自分が重要だと思ったことについて長々と要約、批評したところで、一般人からは「で?」「長い」という返事をもらうだけ。ここの矯正が辛かった。また、私は思ったことはそのまま伝えてしまいがちで、そういう人間こそ「本物」である、なんて思想を持っていました。でも実際での人間関係でそれをやったら嫌われますよね、ヒラであれば下手したら普通にクビになるレベルかもしれない。自分の極端(だと最近知った)考え方を、うまく基準値に持っていく作業がここ2週間続いてます。

 

日常に、常識に、世界に対するヘイトを吐いたところでおれがただの高卒21歳無職である限り遠吠えも良いところです。だから、おれは今を耐え抜いて平気で生きられるようになり、必死になって上り詰めたい。大学受験を断念したことで大学に大して一方的なコンプレックスを抱えてきましたが、それは受け止めなければならない。自分は頑張れなかったから落ちた、だから今度は社会人として頑張って、自分を肯定できるようになりたい。久しぶりに21歳らしいフレッシュさを持てているんじゃないか、と思います。それでも老けて思われるだろうけど…笑

 

がんばります。